スポンサーリンク

【C#】Null合体演算子について【.NET】

C#.NET, 開発

C#機能バージョン対応表作成しました。
こちらの記事も合わせてご覧ください。

Null合体演算子について説明します。
まず最初に、以下のソースを見てください。

サンプルコード1

strがNullならコンソールにNullと表示させ、
strに値が設定されていたら、strに設定されている文字列を表示します。
次に、三項演算子を使用して同じ処理を作成します。

サンプルコード2

こちらも同様に、str が null ならNullと表示させ、
strに値が設定されていたら、strに設定されている文字列を表示します。
やはり、参考演算子を利用した方がコードが短くなりますね。
次に、Null合体演算子を使用して同じ処理を作成します。

サンプルコード3

これが、Null合体演算子になります。
さらに、コードが短くなりました。
処理の意味は今までの同じで、str が null ならNullと表示させ、
strに値が設定されていたら、strに設定されている文字列を表示します。

?? の左の値がNullの場合は ?? の右の値が返されるような動きになっています。
コード量が減るので、使える時は意識して使っていこうと思います。(最近までNull合体演算子の存在を知りませんでした。。。)
ちなみに、以下のように繋げて使用することもできます。

サンプルコード4

この場合は、str1 がNullだった場合は str2 を返して、str2 もNullなら【str1 と str2 がともに Null】という文字列を返します。

こんな便利な機能を今まで知らなかったとは・・・
Null合体演算子に出会えてよかったです。

関連機能で【Null条件演算子】なるものがあります。
以下の記事をどうぞ!


スポンサーリンク